毎回の里帰りは大変ですが、今回は格安航空券を購入することが出来たのでよかったです。

直行便の力

格安チケットで里帰り

実家を離れてから10年ほど経ちます。
その間里帰りは平均一年に一回ぐらいです。
ひっこし先が実家から遠いのがその理由です。
ですから特に用事がなければなかなか帰りません。
日本では一般に盆と正月に帰省するのが普通だと思います。
しかし、多くの人が一斉に帰りますので道路は渋滞しますし、鉄道も人でいっぱいですし、大変です。
おまけに飛行機や新幹線のチケットも高くなるのであまりメリットを感じられません。
そのため、私が里帰りする時はシーズンオフを狙って帰ります。
旅行者が少ない時は飛行機のチケットを安く購入することが出来ます。
今度の正月はもともと帰らない予定でしたが、一月後半になるとスカイマークで格安チケットが売られていました。
鹿児島と羽田で片道4800円です。
以前に利用した時は片道1万円でも安いと思いましたが、これはかなりお買い得です。
そのような格安チケットはすぐに無くなってしまうので、即決して購入して帰省することにしました。
時間帯はあまりよくありませんでしたが、無理な時間帯ではなかったのでいいことにしました。
カードを使い購入しました。
航空会社はオフシーズンも利用者を集めなければならず、最近流行のLCCとの競争も激化しているので大変だと思います。
余分なサービスは削りますが、安全は削ることが出来ません。
航空会社にとって事故を起こしたら信用問題に発展し、死活問題です。
格安チケットがなかったら里帰りは難しかったことでしょう。